• アクトスクエアについて | ABOUT US
  • フード&ドリンク | FOOD&DRINK
  • ギャラリー | GALLERY
  • スケジュール |  SCHEDULE
  • レポート | REPORT
  • フロアガイド | FLOOR GUIDE
  • コンタクト | CONTACT
  • アクセス | ACCESS

日野皓正 CHRISTMAS LIVE

日野皓正クインテットWith Special Guest 上田正樹
素敵な空間の中で、想い出に残る一夜をお過ごしください。

About Event

場所 act*square >>会場地図を見る

日程 2015年12月16日(水)

時間 18:00 開場 / 20:00開演

出演 日野皓正(tp), 加藤一平(gt), 石井彰(pf), 須川崇志(b), 田中徳崇(ds)

PRICE / TICKET

〈料金〉 13,000円(税込)

※アラカルト料理、ドリンクは、別料金にてご注文頂けます。
※座席は入場順の自由席となります。
※定員になり次第、締切とさせて頂きますので、予めご了承下さい。
※飲食の持込みはお断り致します。
※申し込み後のキャンセルについては、払い戻しは出来かねますので予めご了承ください。





Reservation

お申込みはこちらから

受付は終了致しました。

 
チケットに関するお問い合わせ(CNプレイガイド)TEL.0570-08-9999

Artist Profile

日野皓正 【日野皓正プロフィール】


日野皓正・・・日本を代表する世界的ジャズトランペッター。
1942年10月25日東京生まれ。
9歳よりトランペットをはじめ、13歳の頃には米軍キャンプのダンスバンドで活動を始める。
1967年の初リーダーアルバムをリリース以降、マスコミに"ヒノテル・ブーム"と騒がれるほどの注目を集め、国内外のツアーやフェスティバルへの出演をはじめ、雑誌の表紙を飾るなどファッショナブルなミュージシャンとして多方面で活躍。1975年、NYへ渡り居をかまえ、数多くのミュージシャンと活動を共にする。その後もヒットアルバムを連発、CM出演など多数。1989年にはジャズの名門レーベル“ブルーノート"と日本人初の契約アーティストとなる。90年以降、「アジアを一つに」という自身の夢のもと、アジア各国での活動を増やしていく。2001年芸術選奨 「文部科学大臣賞」受賞。2004年紫綬褒章、文化庁芸術祭「レコード部門 優秀賞」、毎日映画コンクール「音楽賞」受賞。現在、dj honda、次男 日野JINO 賢二を迎えたユニット「日野皓正 h factor」にてライブを行う他、同ユニットにてニューアルバム『Unity - h factor』を2013年6月に発売。
また近年はチャリティー活動や後進の指導にも情熱を注ぎ、個展や画集の出版など絵画の分野でも活躍が著しい。
唯一無二のオリジナリティと芸術性の高さを誇る日本を代表する国際的アーティストである。

Artist Profile

上田正樹 【上田正樹プロフィール】


京都市出身のR&B・ソウルシンガー、ソングライター。

1974年 伝説のスーパーバンド"上田正樹とサウストゥサウス"を結成し、当時のバンドブームの頂点にたつ。その後ソロとなり、1983年「悲しい色やね」がシングルチャート1位となる。

しかし、そのヒットに甘んじることなく、パワフルな活動を続け、Ray Charles、B.B King、Junior Wellsを始め、数多くのBlues Artist達と共演。

またその後もTower of Power、War、Ike&Tina、Neville Brothers等のR&B BANDとの共演を果たしてきた。
年間100本以上のライブステージをこなし、 アルバムも毎年コンスタントに発表している日本でもワンアンドオンリーのロングキャリアを持つ本物のシンガーである。

そして、1999年、日本文化解禁前の韓国にて名プロデューサー、キム ヒョンソクからの熱いオファーを受け、アルバムデビュー。その中の楽曲「Hands of Time」は 視聴率30%以上のドラマ「ゴースト」の主題歌にもなり、デビューアルバムは20万枚のセールとなった。

これが転機となり、上田正樹の評価はアジアの音楽シーンでも高い評価を得ることになる。

2001年インドネシアの歌姫REZAともデュエットを果たし、その楽曲「Forever Peace」はインドネシア語、日本語、英語の3か国語で歌われ、インドネシアでは、17週間連続1位を獲得。その人気がマレーシアへも飛び火し、上田正樹の存在は、日本だけでなく、アジアでも確固たるものとなる。

2002年8月2日 ブルースアルバム『NO MORE BLUES』を発表。
2003年JAZZYなスタンダード曲をアコーステイックで上田正樹の新境地を聞かせるアルバム『SMILE』をリリース。
2006年アルバム『FREEDOM』発売。 LIVE DVD『MTV PREMIUM LIVE MASAKI UEDA』発売。
2007年NHK土曜ドラマ『新マチベン』主題歌に『somewhere sometime』が採用される。
同曲も収められたアルバム『OSAKA』を発売。

そして2009年25年振りとなるジャマイカの世界的リズムセクション「スライ&ロビー」との共演を果たしレゲエアルバム『FINAL FRONTIER-Masaki Ueda with Reggae Rythm』をリリースし、全国ツアーを敢行。多方面より高い評価を得る。

ワールドワイドに通用する、唯一の日本のシンガーであることは間違いない。